So-net無料ブログ作成

ツルゲーネフとよろしく! ~ Turgenev for your sake ! [フリーゲーム]

【ツルゲーネフとよろしく! ~ Turgenev for your sake !】のダウンロード

ツルゲーネフとよろしく!1.JPG

恋愛アドベンチャーゲーム。
前作「ツルゲーネフによろしく ~ Give my love to Turgenev!」の続編。
前作では全年齢対象だったが、今作はR-18指定なので、18歳未満の方はプレイできない。
あと、容量がダウンロードゲームにしては大きい(約447MB)ので注意。

前作で学園のアイドル「ツルゲーネフ」と付き合うことになった主人公「まーくん」のその後を描いている。
前作では存在のみが知られていた、「まーくん」の幼馴染みが登場。
優柔不断で天然な主人公「まーくん」とツンデレなヒロイン「ツルゲーネフ」、そしてヤンデレ気味の「幼馴染」の、ドロドロした三角関係が今作の見どころ。

ツルネーゲフと幼馴染の2人はフルボイス。
ツルゲーネフの声優さんは前作とは別の人になっている。
OP・ED付きで、プレイ時間は2~3時間程。

ツルゲーネフとよろしく!2.JPG

「まーくん」の為にご飯を作りに来る「幼馴染」。
「幼馴染」は相当「ツルゲーネフ」に敵意を持っているようで、ちょっと怖い。

ツルゲーネフとよろしく!3.JPG

前作では明かされなかった「ツルゲーネフ」の本名が分かったりもする。
クリア後には前作同様、結構なボリュームのキャストコメントやNG集のおまけ付き。

前作をプレイした人にはオススメ。
タグ:恋愛 長編 ADV

nice!(198)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

妖菓子皇女外伝 LabyrinthCreator [フリーゲーム]

【妖菓子皇女外伝 LabyrinthCreator】のダウンロード

妖菓子皇女外伝1.JPG

あとらそふと製作のタワーディフェンス系シミュレーションゲーム。
ダンジョンメーカー」や「巣作りドラゴン」のような、ダンジョンを作って侵入者を撃退し、経験値やお金を稼ぐゲーム。
迷宮(ダンジョン)を改造して、侵入者の行く手を阻んだり、罠や妖菓子(モンスター)を配置して、侵入者をある程度倒すと、次のステージを選択できるようになる。

こちら側の敗北の条件は、主人公「妖菓子皇女」が倒されること。
ただし、敗北しても特にペナルティーもなく、ゲームオーバーになることは無い。
時間制限なども無いので、難易度はかなり易しくなっている。

妖菓子皇女外伝2.JPG

迷宮画面。
迷宮の改造は、侵入者の行く手を阻むような複雑な地形にするか、魔法陣がある地形にするか(妖菓子は魔方陣の上にしか配置できない。)、薬草屋か、毒消し草屋を設置するか(侵入者に販売して収益が上がる、ただし設置できる場所は限られている)くらいしか無く、バリエーションは少ない。
魔法陣をある程度増やしてあげるだけで、充分最後まで進めてしまう。

罠の設置は1つ10GOLDと格安で、どこにでも設置できるが、1回発動で消滅してしまう。
どの罠が設置されるかはランダムなので、特定の罠を設置したい場合は何度も上書きする必要があって、少しクリックが面倒かも。
序盤は採掘場(破壊されなければ収益が上がる)くらいは設置しても良いかもしれないが、
中盤以降はどうせ金が余りまくってくるので、別に設置しなくてもいいかも。
罠は格安だが、毎回設置するのが面倒なので、あまり役に立たなかった。

妖菓子は、強いやつが最初から何体も仲間になっているので、新しい妖菓子をすぐに雇う必要はなく、
まずは、最初からの仲間をレベルアップさせていこう。
侵入者を倒したり、新たな敵襲が来ると、迎撃ポイントが貯まっていき、
このポイントを使うことで、HPの回復とレベルアップ・ランクアップができる。
侵入者を倒したものに経験値が入ったりはしない。
迎撃ポイントはステージを攻略すると、全てお金に換金されてしまうので、なるべく使い切るようにしよう。

つまり、侵入者が来ないような場所に妖菓子を待機させて、全く戦わずレベルアップさせることもできる。

妖菓子皇女外伝3.JPG

今までに出現した侵入者や仲間が分かる「妖菓子図鑑」。
妖菓子皇女が最強キャラなので、レベル50まで上げとけば、忍者の必殺(即死)スキル以外で負けることは無い。

雇える妖菓子達は1種類を除いて全てランクアップさせることが出来る。
ただし、最終のR3まで上げても、それ程強くはないし、R3のレベル50まで上げようとすると、
30(R1)+30(R2)+50(R3)で、実質110レベルあげる必要がある。
更に、ランクアップ時には迎撃ポイントを100消費(通常のレベルアップは25消費)するので、
非常に手間が掛かる。
新しい妖菓子を雇うのは、最初の仲間を全員レベル50に上げてからで充分。

シンプルなタワーディフェンス系シミュレーションゲームを探している方にはオススメ。
ただし、シミュレーションゲームに慣れている人には難易度が易しすぎて、物足りなく感じるかも。

nice!(177)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

朝焼けの謳 [フリーゲーム]

【朝焼けの謳】のダウンロード

朝焼けの謳1.JPG

選択肢の無い、一本道のビジュアルノベルゲーム。
プレイ時間4~5時間程。
登場人物は主人公を含め3人で、主人公以外の2人はフルボイス。

物語の舞台となるのは、現代日本(?)東京のスラム街「鉛街(なまりまち)」。

政治家の息子として、裕福な家庭で育った主人公の「式守晃弘(しきもり あきひろ)」はとある事件を起こしたことがキッカケで家を追放されて、19歳で「家なし」。つまりホームレスになってしまう。

その日も、行くあても無く、泊まる場所も無く、街を彷徨っていたが、
大雨でとにかく寝る場所を見つけなければいけなくなった主人公は、
鉛街の人達でさえ「幽霊が住む」と恐れている廃ビル。通称「お化けビル」に入り込む。

そこで、「蔓篠芽(かずら しのめ)」と「蔓灯(かずら とも)」。2人の少女と出会う。

朝焼けの謳2.JPG

スラム街の中で辛い過去を背負いながら、水商売をして、逞しく生きる17歳の少女「篠芽」と、
その篠芽をママと呼び、学校にも行けずまともな知識も得られないまま育つ9歳の少女「灯」。

物語は、お坊ちゃん気質の主人公「式守」と、アウトローなヒロイン「篠芽」の主張のぶつかり合いを軸に進んでいく。

朝焼けの謳3.JPG

常に主張がぶつかり合う二人だが、次第に惹かれあう。

テーマ性を強く感じさせ、ボイスがあることで、キャラの特徴が良く分かるのが良かった。
登場人物が3人と少なく、舞台もほとんど「お化けビル」の中だけで進行していくが、
次々と主人公とヒロインを対立させるような、簡単に答えが出ないような問題が出てきたり、過去の話が明かされていったりして、飽きさせなかった。

ただ、あまり好きになれなかった部分も。

ヒロインと対立させる為だろうか、主人公は説教癖があり、正義感がある割には何も行動を起こさない(最後くらいしか見せ場が無い)ので、ちょっと情けなく思ってしまった。
まぁ、お坊ちゃんという設定なので仕方ないかもしれないが、カッコイイ主人公が好きな人にはオススメできない。
タグ:長編 ADV

nice!(181)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ONE OK ROCK [日記]

最近は、「ONE OK ROCK」ってバンドにハマってます。
日本で今一番熱いロックバンド。
日本語と英語を混ぜた歌詞にロックなサウンドでテンション上がります。

2006年から活動してるみたいで、
昔の曲を聴いてみると、それ程良いと思わなかったけど、
最近の曲はめちゃめちゃカッコイイ。
どんどん進化していってる感じです。
これから益々人気が出そう。

ボーカルのtakaは「森進一」と「森昌子」の長男らしい。
そういえば、昔ワイドショーの「芸能人の二世」みたいな特集で見たかも。
ジャンルは違っても歌唱力は遺伝するのかな。



完全感覚Dreamer



アンサイズニア



Re:make / NO SCARED

nice!(60)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

事実無根のラディカルメンバー [フリーゲーム]

事実無根のラディカルメンバー1.JPG

WOLFRPGエディター製の長編RPGゲーム。
アドベンチャーゲーム「Steins;Gate」の二次創作作品。
なので、原作を知らない人にとっては分からないことだらけだと思う。
登場するキャラの性格や会話、アイテムなど原作通りになっているので、知っている人にとってはニヤリとできる作品。

ストーリーは、
未来ガジェット13号の「ドリームマシン」によって、夢の中の世界(ファンタジー世界)に迷い込んでしまったラボメン達。「アキバシティ」や「ハラジュクシティ」といった各地の街を旅しながら、現実世界に戻してくれるという、「目覚めの泉」を探す。

事実無根のラディカルメンバー2.JPG

戦闘はランダムエンカウントで、コマンド形式のフロントビュー画面。
結構エンカウント率が高い気がするので、ザコ敵との連戦は覚悟しなければならない。

戦闘はサクサク終わるが、敵がかなり強い(というか、こちらのHPが少ない)ので、レベル上げは必須。

ゲームオーバーになると、「天才クリス教授の会議室」で攻略のアドバイスが貰える。
なので、ストーリーが進むごとにゲームオーバーになってみるのも良いかもしれない。

事実無根のラディカルメンバー3.JPG

数多くあるイベントの中には原作にあったようなシーンも。

スタート時点では、主人公の「おかりん」と助手の「牧瀬紅利栖」の2人パーティーだが、
ストーリーが進むに連れて他のラボメン達が1人ずつ登場。
次はどのキャラが登場するのか想像して、楽しみになる。
パーティーは3人で、人数が増えると好きなメンバーでパーティーを組めるようになる。
タグ:RPG 二次創作

nice!(161)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Back to Top

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。